乾燥肌の対策に必要なもの|しっかりとスキンケアを行って美肌へ変身

敏感肌の予防

頬を触る女性

敏感肌は髪の毛や衣類などの外部からの刺激で、お肌が過敏に反応してしまう状態です。普段の食生活や、花粉や動物からのアレルギー、また多くのストレスを溜めてしまうなどの生活習慣からお肌が過敏になってしまう変化が起きている方々が多くなっています。
お肌が乾燥することにより保護機能が弱くなり、スキンケア商品をお肌に付けた時や髪の毛が触れただけでお肌が赤くなります。洗髪や洗顔のやり方で敏感肌になってしまう方もいます。洗髪の際のシャンプーやリンスのすすぎが足りない、洗顔の際に強くこすり過ぎや、洗い流し不足といったことで起こります。お肌に合っていない化粧品を使うと敏感肌になってしまうので、赤みやかゆみなどの異常を感じたら、すぐにお医者様に診てもらいましょう。そしてお肌に合ったスキンケア商品を使うことで改善できます。
食生活の際の栄養不足から敏感肌になります。セラミドという細胞の隙間に存在している脂質がお肌の角質層をしっかりと結びつけているのですが、セラミドを作る栄養素が足りなくなり、敏感肌へと発展していきます。ビタミンAは直接セラミドを作る栄養素ではないですが、お肌の再生速度を正常に保つ作用があるので、結果的に新しいお肌が作られてセラミドも新しいものに変わります。またお肌はタンパク質なのでお肉、特にレバーはビタミンAが豊富です。卵や乳製品や魚にもタンパク質があります。
腸内環境からの影響でお肌も変化をしてしまいます。ですので、腸内環境を整えることで敏感肌の改善や予防ができます。整えるには食物繊維とビタミンAが多く含まれている緑黄色野菜を摂るといいでしょう。